MENU
田中さん。
ガジェットブロガー
買ってよかったガジェット・家電・雑貨のレビューをしています。
QOL向上につながる情報を丁寧にお届けします。
レビュー依頼は、お問い合わせからお願い致します。
スマホ好きにオススメ
【QOL向上】買ってよかったガジェット・家電・雑貨まとめ

【保存版】ミラーレスで星空撮影! 設定を分かりやすく解説!

田中さん。

写真撮影が趣味の田中さん。です!

写真撮影が好きで普段からカメラを必ず携帯して出かけています。

被写体は多岐にわたりますが、そんな中でも「星空撮影」が好きで条件のいい日を調べては撮影に出かけています。

カメラ好きな方なら絶対に撮影してみたい被写体の一つですよね!

でも…星空撮影といえばこんな印象ありませんか?

星空撮影の印象

・撮影が難しそう(初心者には敷居が高い)
・撮影機材が高そう
・撮影してみたけど真っ暗で星空が見えない

実際にカメラのオート設定で星空を撮影してみた方も多いのではないでしょうか?ほとんど星は撮影できなかったかと思います。

今回は、そんな星空撮影について「ミラーレス」を使用して撮影する方法を初心者にもわかる様に簡単に解説していきます。

田中さん。

これだけ抑えておけば撮影ができる!
といった内容になっていますよ。

最初に撮影例を紹介します。※天の川を入れた構図で撮影しています

α6000で撮影

今回の記事の方法をマスターすれば誰でも簡単に星空が撮影できますよ。

今回の記事で分かる事

・必要な機材や撮影に向いている条件
・ミラーレスで星空を撮る方法・設定
・星空撮影におすすめのアプリ

それでは解説していきます。

目次

そもそも何で「オート設定」では撮影できないのか?

星空をオート設定で撮影できたら本当に簡単ですよね。スマホで撮影の記事でも紹介しましたが、現状ではそうはいきません。

星空は被写体としてはかなり暗い部類に入ります。

その為、明るい被写体ならオート設定でも綺麗に撮影ができますが、暗い被写体をオートで撮影する事は厳しいのが現状なんです。

シャッタースピードの調整、ISO感度の調整などの要素が必要不可欠となってくるため、必然的に「マニュアル撮影」になります。

ミラーレスで星空撮影 – 必要機材・撮影条件

撮影の設定を解説する前に、星空撮影を行う前に準備しておいた方がいい機材や、より撮影がしやすい条件が存在しますので説明します。

田中さん。

特にレンズに関してよりよい写真を撮影するには必須ですよ!

必要機材

必要な機材をピックアップしてみました。ミラーレス等での撮影では次のものが必要です。

※記事ではミラーレスを使用して解説しています。

必要機材

・カメラ本体(マニュアル撮影が可能な機種)
・レンズ(解放F値2.8以下で広角よりの単焦点レンズ)
・三脚(本体が重たい場合は頑丈なモデル)
・Stellarium(あると便利なアプリ)

カメラ本体

こちらはマニュアル撮影ができる機種を選びましょう。

撮影例では「SONY α6000」を使用しています。軽量かつ高性能でコスパがいい入門機です。

ミラーレス(レンズ交換式)なので撮影シーンに応じてレンズを使いわける事ができます。

よりこだわりをもって撮影をおこなう事ができますよね。

レンズ(単焦点)

星空撮影ではレンズ選びが非常に大事になってきます。一般的には開放F値が明るい単焦点レンズを使用します。

参考までに「開放F値2.8以下、焦点距離14mm~30mm」あたりで探してみましょう。

14㎜だと山などの風景も一緒に入れた広い構図撮影ができ、30㎜だと被写体をメインにした撮影が可能です。

撮影例では「天の川」をよりアップで撮影する為に次の単焦点レンズを使用。

山などの風景も一緒に構図にいれて撮影したい場合は次の単焦点レンズがオススメです。

三脚

絶対に必要なものです。確実に準備しましょう。

星空を撮影する場合はシャッタースピードを10秒~30秒程度に設定する為、その間はカメラを固定しないとブレた写真になってしまいます。

手持ちでは確実にブレてしまいますので必ず三脚を使用して固定しましょう。

α6000の様な軽量モデルなら次のような三脚でも十分です。コスパもよくてオススメです。

Stellarium

最後にあると便利なのが「Stellarium」です。

星、惑星、星座を観察するためのアプリで、スマホを向けた先に見える星をリアルタイムで表示してくれる めちゃくちゃ便利なアプリです。

撮影と同時に星座を知る事もでき、楽しみがぐっと増すので是非使ってみて下さい。

田中さん。

代表的な星座が分かるだけでも楽しいですよ♪

Stellarium Mobile - スターマップ
Stellarium Mobile – スターマップ
開発元:Noctua Software Ltd
無料
posted withアプリーチ

※android対応も存在します。Googleプレイで探してみて下さいね。

撮影条件

撮影条件について紹介します。といってもスマホで撮影の記事と条件は変わりません。

※大前提として雲が多すぎる日や雨天では撮影ができません。

星空撮影に適した条件

・光源が少なく高所
・星空指数が100%に近い(雲がない)
・新月である(月は非常に明るいので光源になりえる)

・光源が少なく高所
これが一番難しいです。とにかく被写体が暗いため周りが明るいと撮影になりません。都市部に近ければより光源は多くなります。
さらには高所の方が空気も澄んでおり撮影に向いています。
1例ですが、〇〇山・〇〇峠の様な場所は総じて高所であり光源も少ない傾向にあるので撮影に向いています。

・星空指数が100%に近い(雲がない)
空いっぱいの星空を撮影するためにも雲がない日を選びましょう。
tenki.jpで「星空指数」が確認できるので撮影当日は比較的に指数が高い日を選びましょう。

・新月である
月は非常に明るい被写体です。月明かりの影響で星が写らない事が考えられるので基本的に撮影は新月周りを選びましょう。
Google検索で「月齢 〇月」で検索すると出てきますよ。

ミラーレスで星空撮影 – 撮影方法・設定

それでは実際に撮影についてご説明します。

田中さん。

前項の撮影条件を概ね満たしている前提で進めます。

はじめにポイントを言うと「星にピントを合わせる」ことが重要になってきます。

撮影方法

①安定した場所を探して三脚を設置する。
②カメラを三脚に取り付ける。
③雲台の向きを調整して撮影したい方向に向ける。
※星観察アプリで方向を調べる事ができます。

撮影設定

①カメラのダイヤルをM(マニュアル)に合わせる。

②マニュアル設定をする
※主に次の設定で撮影をはじめて状況に応じて調整しましょう。

マニュアル基本設定

フォーカス:マニュアル
手振れ補正:オフ
セルフタイマー:2秒
SS(シャッタースピード):10~15秒
ISO感度:4000
F値:開放(1.4~2.8)

③星にピントを合わせる
ファインダーを覗きこみ、撮影方向で一番分かりやすく明るい星を探します。
明るい星を画面に入れたままフォーカスリングを回してピント調整をします。
ピントが合っていないと丸く大きくボヤけた感じになります。
ピントが合うと星は小さくなりシャープになります。

④ピントがあったらリングを固定して撮影します。
リングの固定はマスキングテープ等を使用しましょう。

撮影例

次の写真は冒頭でも紹介した「天の川」の撮影例です。

F値1.4/SS:13秒/ISO3200/焦点距離30㎜

F値が開放1.4と明るいレンズを使用したのでシャッタースピードは13秒と短めにできました。

シャッタースピードが長くなってしまうと星は動いているのでボヤけた写真になってしまいます。

30㎜の準望遠で10~15秒、14~19㎜の広角で20~30秒あたりを目安に設定すると撮影しやすいです。

星空撮影といえば星座の撮影も醍醐味ですよね。

今回の設定をベースにすると次のように「北斗七星」も撮影する事ができます

F値2.8/SS:15秒/ISO4000/焦点距離30mm

「Stellarium」を使用することで簡単に星座の位置を確認できるので本当に便利です。

他にも「夏の大三角」や「オリオン座」のような代表的な星座も分かりやすく撮影にむいてますよ。

Stellarium Mobile - スターマップ
Stellarium Mobile – スターマップ
開発元:Noctua Software Ltd
無料
posted withアプリーチ

※android対応も存在します。Googleプレイで探してみて下さいね。

ミラーレスで星空撮影 – まとめ

いかがでしたでしょうか?思ったより簡単に感じませんでしたか?

星空の撮影の一番のポイントは「星にピントを合わせること」です。

ピントを合わせる練習は自宅や公園等でも夜空に星が確認できれば可能です。実際に撮影に出かける前に試してみるといいですよ。

じっくりと撮影時間はありますので慌てずに一つづつ設定を行いましょう。是非、みなさんも星空撮影に出かけてみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になりましたら幸いです。それでは、また!

Follow Me
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次