2021年 買ってよかったモノ 10選(ランキング形式で紹介)

【SONY MDR-XB55AP レビュー】低価格&高性能 迫力のEXTRABASS

田中さん。

イヤホン大好き田中さん。です!

昨今では、ワイヤレスイヤホンの人気が高まっており、各メーカーから多くの製品が発売されていますね。

スマートフォンにはそもそもイヤホンジャックが存在しない機種も多いほど…

そんな中ですか、今回紹介したいのは有線イヤホン。

ちょっと忘れられがち?かと思いますが有線イヤホンにはオススメのポイントが多くあるんです。

今回は筆者も愛用している「SONY MDR-XB55AP」を紹介しながら有線イヤホンの魅力もお伝えしていこうと思います。

数多くのイヤホン、ヘッドホン、スピーカーを生み出している信頼のSONY製品です。

田中さん。

それでは紹介していきます!

目次

MDR-XB55AP – 外観・スペック

シンプルでスタイリッシュなパッケージです。EXTRABASS の文字が大きく目立っていますね。

f:id:tanakasan0921:20210117004515j:plain

早速、イヤホン本体をとりだしてみました。

今回は「ブラック」を購入しました。ブラックという事ですが「基本的にグレー寄りのカラー」に仕上がっていました。

ドライバーユニットが大きく独特な形をしていますね。メカ感があって筆者好みです(笑)

項目内容
重量(コード含まない)8g
ケーブル長約120㎝
ドライバーユニット 12mm ドーム型
プラグ金メッキL型 4極ミニプラグ
カラー全5色(ブラック、グリーン、ホワイト、ブルー、レッド)
特徴ベースブースター、絡まないコード、ハンズフリー通話など
価格約3,600円
MDR XB55AP スペック表

本体を含めた付属品は次の内容でした。

付属品

・交換イヤーピース

・取扱説明書

・キャリングポーチ

SONYのロゴ入りのポーチが何気に嬉しいです!イヤホンじゃなくても使えますし。

ガジェットは小物が多いので重宝しそうです。

f:id:tanakasan0921:20210117010717j:plain

MDR-XB55AP – 製品の特長

この製品の特筆すべき点をいくつか紹介していきます。

田中さん。

低価格ではありますが十分な機能を備えています

迫力の重低音 –  ベースブースター搭載

この製品一番の特長と言える点です。

正直、イヤホンでここまで低音がしっかり出るのか!と驚きました。

価格が安いのであまり期待をせずに購入するとより驚くと思います。さすが「EXTRABASS」と言うだけの事はあります。

一回、これで聴き慣れてしまうと、他のイヤホンでは、あれ?低音域ちゃんと鳴ってる?と、なるくらいしっかりした重低音を感じる事ができます。

重低音の感じが個人的にはとても好みでした。ロック系の楽曲の再生やアクション映画の視聴に最高です。

参考までに、EXTRABASSの機能をパッケージから引用すると

EXTRABASSとは?

ドライバーユニットから鼓膜までの機密を高めつつ、ハウジングに設けたダクトにより低域の振動版の動作を最適化させ、圧倒的な量感の低音を正確なリズムで捉えることでグルーヴ感をダイレクトに伝達させる機能

うーーん。よく分かりません(笑)ただ、数万円のイヤホンやヘッドホンを視聴してきた筆者からしても、この数千円のイヤホンの低音の出来はとても好印象だと感じました。

独自開発 – 12㎜ドライバーユニット

独自開発の12㎜ドライバーユニットを搭載しています。

これにより、16mmドライバーユニットと同様のドーム面積を実現させています。 

ドライバーユニットは大きい方がもちろん音質にもいい影響がありますのでこれも好印象です。

特殊な形をしていますが、着け心地が悪いという事はなく、イヤーピース部に絶妙な角度をつけることで、むしろ装着感は好印象で外れる心配はありませんでした。

便利 – マルチファンクションボタン

手元のリモコンに「マイク」と「マルチファンクションボタン」を搭載しています。

これにより、ハンズフリー通話が可能です。また、マルチファンクションボタンで

音楽の再生/一時停止といったリモコン操作をする事も可能になっています。

Smart Keyアプリにも対応していて、マルチファンクションボタンを好みでカスタマイズできます。

初期設定だと、ボタンを押す回数や秒数で、Googleアシスタント起動や新着通知の読み上げなどができる様にカスタマイズされていますよ。

絡まないケーブル仕様

本製品のケーブル長は約120㎝。ケーブルが絡むとけっこう煩わしい長さですよね。

しかし、独特なケーブル形状により圧倒的な絡みにくさを実現しています。

いわゆる一般的な丸い形状のケーブルではなく、平たい形状(きし麺の様な)になっており非常に絡みにくいです。

また、ケーブルに縦方向にスリッドも入っており、より絡みにくさやクセのつきにくさに繋がっています。

ケーブルの絡みはかなりストレスなので嬉しい点でした。

MDR-XB55AP – メリット・デメリット

機能面を簡単に紹介してきましたので、ここで本製品のメリット・デメリットを紹介していきます。

田中さん。

購入の参考になると幸いです。

メリットデメリット
・迫力の重低音
・有線だから低遅延    
・絡まないケーブル
・コスパがいい
・ワイヤレスではない
・重低音をオフにはできない 

簡単にまとめると上記の様になりました。有線ならではの音楽や映画視聴時の低遅延は嬉しいですよね。

重低音もアクション映画の迫力が増すこと間違いなしです。ただ、重低音をオフにはできないので音で好みが分かれる所です。

MDR-XB55AP – どんな人におすすめか?

それでは、いったいXB55APがどんな人におすすめなのか筆者なりにまとめてみました。

田中さん。

自身の環境に会っているか確認してみてくださいね。

おすすめの使い方おすすめでない使い方
・アクション映画等の視聴   
・ロック系の楽曲の視聴
・Xperiaシリーズでの使用
(ミニプラグ対応機種)
・ハイレゾ音源の再生(非対応の為)
・楽曲を比較的フラットに視聴したい時
・普段生活でのながら使い
・水場や雨天時の使用

前述している様に、アクション映画やロック系の楽曲の再生が抜群におすすめですよ。

また、スマホでの使用についてですが、Xperiaシリーズはミニプラグが復活しており(※機種による)有線イヤホンが使用できますので低遅延で音楽やゲームを楽しむ事もできます。

そういう筆者も、Xperiaシリーズの「Xperia1Ⅱ」を愛用しており活躍していますよ。

おすすめでない点については、当たり前ですがワイヤレスではないので有線が煩わしく感じる方はやめましょう。

また、本製品は防水対応でもないので雨天時などの使用は控えましょう。

MDR-XB55AP – 評価・まとめ

ここまで紹介してきました。まず簡単に下記にて評価してみました。

項目評価
デザイン
音質
遮音性       
機能面
コスパ

全体的に大満足のイヤホンでした。

筆者は昔からロック系の音楽は好んで聴き、映画鑑賞も好きなので、本製品の音質が非常に好みで、本当にこの値段でいいの?と思うくらいコスパにも優れた製品でした。

有線ならではの遅延の少なさもメリットなので、Xperiaシリーズをはじめとしたスマホでの使用にもオススメですよ。動画視聴やゲームプレイが楽しくなること間違いなしです。

今回の記事が参考になりましたら幸いです。

それでは、また!

Follow Me
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる