MENU
田中さん。
ガジェットブロガー
ブログテーマは「QOL向上」
買ってよかったガジェット・家電・雑貨のレビューをメインに丁寧な情報発信を心掛けています。
生活の質向上に繋がる製品や情報に出会うキッカケになれば幸いです。
レビュー依頼は、お問い合わせからお願い致します。
スマホ好きにオススメ
【QOL向上】買ってよかったガジェット・家電・雑貨まとめ

【PS5 型番の違い】最新版CFI-2000はディスクドライブ脱着式!各モデルを分かりやすく比較!

この記事にはPR・広告(アフィリエイトリンク)が含まれます。
田中さん。

どうも!田中さん。(@TAR0222)です!

2023年に入ってようやく「PS5」も普通に購入できる様になってきましたね。

筆者も近くの家電量販店で購入する事ができました。そんなPS5ですが本体は何度かマイナーチェンジを行っておりいくつかの型番が存在します。

そこで、今回は分かりやすく型番の違いを紹介しようと思います。

※2023年11月10日に最新版「CFI-2000」シリーズがリリース。
こちらの記事で最新版CFI-2000と旧型CFI-1200をピックアップして分かりやすく比較しています。

田中さん。

「PS5の型番による違いは?」
「どの型番がおすすめなの?」
「購入時に気を付ける事は?」

本記事では、その様な疑問に答える内容になっています。

11月10日リリースの最新型も含めながら紹介します。注目の作品も続々と発売されているPS5ですので要チェックです。

目次

PS5 – 最新版(CFI-2000) ※2023/11月時点

2023年11月時点での最新の型番は「CFI-2000」シリーズになります。

下記に、最新版の仕様をまとめましたのでご確認下さい。

¥66,980 (2023/10/23 22:23時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スクロールできます
項目仕様
サイズ/重量
(幅×高さ×奥行)
約358×96×216㎜/3.2Kg
※横置き
CPURyzen Zen2 8コア/12スレッド
GPUAMD Radeon™ RDNA 2-based
graphics engine
メモリGDDR6 16GB
ストレージ1TB SSD
ドライブUltra HD Blu-Ray
オーディオTempest 3D オーディオ技術
その他レイトレーシング、PS4と互換性あり
CFI-1200 ディスク版

CFI-2000シリーズでも「CPU/GPU/メモリ」に変化はありませんでした。

現在の仕様でも「4K120Hzでの出力は可能」です。しかし、安定したゲームプレイとなると実用は「4K30Hz、フルHD60Hz」といったところかと思います。

120Hzを超える様なパフォーマンスを維持する為にも、今後のモデルチェンジによって「CPU、GPU、冷却性能」などが向上したプロモデルの登場が期待されます。

田中さん。

続報を待ちましょう!!

PS5 – 型番の比較

それでは、旧モデルを含めた比較をします。簡単に下記の表にまとめてみました。

スクロールできます
項目CFI-2000(最新版)CFI-1200CFI-1100CFI-1000
サイズ
(幅×高さ×奥行)
約358×96×216㎜
※横置き
約390×104×260㎜
※横置き
約390×104×260㎜
※横置き
約390×104×260㎜
※横置き
重量3.2㎏3.9㎏4.2㎏約4.5㎏
SSD容量1TB825GB825GB825GB
発熱
(ヒートシンク放熱フィン温度)
不明51℃前後63℃前後52℃前後
消費電力不明約202W約228W約218W
縦置きスタンド別売り(工具不要)付属(工具不要)付属(工具不要)付属(工具が必要)
その他レイトレーシング
PS4と互換性
ディスクドライブ脱着式
レイトレーシング
PS4と互換性
レイトレーシング
PS4と互換性
レイトレーシング
PS4と互換性
価格(ドライブ搭載型)
※定価で比較
66,980円60,470円54,978円54,978円
ディスク版で比較しています

「CPU/GPU/メモリ」等においては大きな違いがないので表には記載していません。

※発熱・消費電力については下記の記事を参考にさせて頂きました。

新モデルになるにつれて小型&軽量化がなされており、最新型CFI-2000ではSSD容量増加だけでなく、ディスクドライブが脱着式になるというモデルチェンジを果たしました。

一方で、価格は高騰しており初期モデルより1万円以上高くなっています。

田中さん。

これ以上の値上げは勘弁してほしい…

※最新型(CFI-2000)と旧モデル(CFI-1200)をピックアップして詳しく解説もしています。

¥66,980 (2023/10/23 22:23時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

PS5 – 購入時に気を付ける事

PS5が普通に購入できる様になった事もあり、購入を検討される方も多いかと思いますので購入時に気を付ける事を簡単に紹介します。

購入時に気を付ける事

①自分が購入したい型番かチェックする
②ネット通販の場合は「新品」なのか確認する
③定価購入可能なので、転売でないか確認する

①自分が購入したい型番かチェックする

前項の型番の違いを参考に購入する本体の型番を必ずチェックしましょう。

筆者おすすめの型番とその理由は次の通りです。

おすすめ型番&理由

型番:CFI-1200(ディスクドライブ版)
理由①:基本性態に変化が無いため、価格が高い最新版を買うのであればPro仕様の発売を待った方がいいと思うから
理由②:本体が小型&軽量化しており、消費電力や発熱にどう影響しているか現時点でデータが無い為

¥60,470 (2023/04/13 07:00時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

②ネット通販の場合は「新品」なのか確認する

これも結構大事で、amazonなどの検索結果でも中古が表示される事もあります。

定価だからと思って購入したら中古だったなんて事にならない様にしっかり確認しましょう。

③定価購入可能なので、転売でないか確認する

メルカリ、ヤフオク等で「中古や転売品」も出回っていますので注意が必要です。

定価の価格設定で中古だったり、転売品だと新品でも定価より高い金額設定になっているので損をします。

田中さん。

購入前にしっかり確認しましょう。

さいごに

今回は「PS5の型番の違い」をメインに紹介しました。

最後にもう一度確認すると型番の違いは下記の表の通りです。

スクロールできます
項目CFI-2000(最新版)CFI-1200CFI-1100CFI-1000
サイズ
(幅×高さ×奥行)
約358×96×216㎜
※横置き
約390×104×260㎜
※横置き
約390×104×260㎜
※横置き
約390×104×260㎜
※横置き
重量3.2㎏3.9㎏4.2㎏約4.5㎏
SSD容量1TB825GB825GB825GB
発熱
(ヒートシンク放熱フィン温度)
不明51℃前後63℃前後52℃前後
消費電力不明約202W約228W約218W
縦置きスタンド別売り(工具不要)付属(工具不要)付属(工具不要)付属(工具が必要)
その他レイトレーシング
PS4と互換性
ディスクドライブ脱着式
レイトレーシング
PS4と互換性
レイトレーシング
PS4と互換性
レイトレーシング
PS4と互換性
価格(ドライブ搭載型)
※定価で比較
66,980円60,470円54,978円54,978円
ディスク版で比較しています

いよいよ普通に手に入る様になったPS5で人気タイトルを思う存分プレイしたいですね。

この機会にPS5の購入を検討してみてはいかがでしょうか?それでは、また!

¥66,980 (2023/10/23 22:23時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥60,470 (2023/04/13 07:00時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
Follow Me
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次