2021年 買ってよかったモノ 10選(ランキング形式で紹介)

【ANKER NanoⅡ 65W レビュー】PD対応で極小サイズのUSB−C充電器

田中さん。

どうも!充電器を小さくしたい田中さん。です!

スマホ、タブレット、ノートPC等、よく使う機器の充電をみなさんどうされてますか?

機器が増えるのに合わせて充電器も増え

種類の違う充電器を使いまわしていませんか?

筆者は充電器周りに関して次のような悩みがありました。

充電器に対する悩み

ノートPC等の充電器は大きくてかさばる

充電をUSB-Cで統一したい

60Wクラスだと小さいものが中々ない

この度、汎用性の高い60Wクラスの充電器でありながら極小サイズのモデルがANKERから登場しました。

この60Wクラスだと、様々なノートPCにまで充電できるので汎用性が高いです。

もう、ノートPCに大きな充電器はおさらばです!

さらに複数の充電器を持ち運ぶ必要はありません。

そんな、お出かけや出張にもおすすめの

ANKER「NanoⅡ 65W」を紹介していきます。

目次

ANKER NanoⅡ 65W – 外観

外観から紹介していきます。

ANKER製品は箱がおしゃれですよね。

シンプルで好印象なパッケージです。

f:id:tanakasan0921:20220124211505j:plain

箱のふたは磁石で引っ付いていて

空けるのがとても簡単で細かな配慮を感じました。

空けた裏側には製品の特長などが書いてあります。

f:id:tanakasan0921:20220124211723j:plain

早速取り出してみました。

正面はグレーカラーで角は少しだけ丸みがあります。

1ポートタイプの65W充電器です。

f:id:tanakasan0921:20220124212358j:plain

側面には製品名「Nano Ⅱ」とW数の記載があります。

正面以外はブラックグレーで統一されています。

つや消しでマットな質感がいいですね。

f:id:tanakasan0921:20220124213459j:plain

最後の裏面ですが、プラグが折りたためるデザインです。本当にこれはありがたいです。

ボディが小さいとプラグが折りたためないモノもあったりするので、これは非常に嬉しいですね。

f:id:tanakasan0921:20220124213901j:plain

実際に家庭用コンセントに刺すとこんな感じです。

かなりサイズが小さいのが分かるのではないでしょうか?

これで65W給電なので技術の進歩を感じます。

f:id:tanakasan0921:20220124214909j:plain

もちろん、ノートPCにも充電可能です。

筆者も愛用しているVAIO FL15がPD充電に対応しているので普段の充電で使用しています。

その他にも、MacBook Pro13インチを高速充電できるメリットもあります。

※VAIO FL15についてはこちらでレビューしています。

ANKER NanoⅡ 65W – 注意点

ひとつだけ注意点があります。

製品は、本体のみでUSB-Cケーブルなどは付属していないので別途、購入する必要があるという点です。

購入するにあたっては

・USB-C&USB-C ケーブル

・PD充電65Wに対応していること

上記2点をおさえておけば問題ないかと思います。

下記のANKER製品だと対応しておりオススメです。

絡まないケーブルとして評判で、筆者も愛用しています。

f:id:tanakasan0921:20220124223534j:plain

この組みあわせなら65Wで対応できる機器はほとんどが充電可能になります。

統一感もあっておすすめです。

f:id:tanakasan0921:20220125012625j:plain

スマホ、タブレット、ノートPC(※機種による)がNanoⅡ65Wひとつで充電することができますよ。

ANKER NanoⅡ 65W – 外出時の荷物が減る

超小型なNanoⅡ 65Wだと

前述した様にスマホ、タブレット、ノートPC等の充電を1台でこなしてくれます。

いままで別々の充電器を持って外出していた方も、そんな煩わしさとはおさらばです。

次の比較写真の様に、圧倒的に荷物が減りますので本当におすすめですよ!

f:id:tanakasan0921:20220126000119p:plain

ポケットに入れて持ち運べるくらいです。

これは本当にありがたいです…!!

ANKER NanoⅡ 65W – 仕様・比較

それでは、製品の仕様を確認しつつ、他製品との比較をしてみたいと思います。

簡単に下記の表にまとめてみました。

NanoⅡ65Wですが、サイズは極小ですが

重量は112gと思ったよりも重量感があります。

作りがしっかりしていて安心感がありますね。

f:id:tanakasan0921:20220125230552j:plain

つづいて、NanoⅡシリーズの比較になります。

65W・45W・30Wの3製品で比較しました。

65Wモデルが唯一、PPS非対応です。

ただ、全モデル PDには対応しています。

f:id:tanakasan0921:20220125231646j:plain

PPS対応にこだわるなら30~45Wモデル。ノートPCも充電を考えているなら65Wモデルがいいですね。

ANKER NanoⅡ 65W – メリット・デメリット

ここまで紹介してきたNanoⅡ65Wですが

どんなメリット・デメリットがあるのかまとめました。

購入する際の参考になると思いますので

自分の用途にあっているのか確認してみてくださいね。

メリット

超小型でスマートなデザイン

最高65WでノートPCにも充電可能(PDにも対応)

外出時の荷物が減る

デメリット

ケーブルが別途必要

PPS規格非対応

充電時に本体が熱くなりやすい

充電時に感じたデメリットですが

小型でありながら最大65Wのスペックのためか

本体が熱くなりやすいのが気になりました。

気になる人はけっこう気にかかるレベルなので

デメリットとさせていただきました。

また、PPS規格ってなんだ?というと…

PPSとは?

USB PD3.0のオプションとして用意されている高速充電規格

上記のような規格でして、PDよりも最新の

高速充電規格と認識しておいて問題ありません。

残念ながら NanoⅡ65Wは対応しておりません。

ANKER NanoⅡ 65W – まとめ・評価

f:id:tanakasan0921:20220125012127j:plainここまで「ANKER NanoⅡ65W」についてレビューしてきました。

最大65W出力でありながらも超小型化を実現した

ANKERの企業努力を感じる製品となっていました。

項目評価
デザイン
携帯性
発熱性
充電能力      
コスパ

上記の様に評価しました。

ツヤ消しのツートーンでデザインもよく、65Wにも関わらず携帯性に優れたいい製品だと思いました。

一方で、充電時に発熱が気になるのと、PPS非対応なのでその点だけ残念でした。

ただ、充電器まわりがスッキリし

外出時もかさばらないのでオススメの充電器です。

ぜひ、皆さんも ANKER NanoⅡ65Wで充電環境をスッキリさせてくださいね。

それでは、また!

Follow Me
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次